生活をするために害のある動物や虫を駆除する

巣を取り除く

スズメバチの巣を無くす方法

【自分での駆除の注意】 →自分で駆除する場合は、まず知識として様々なことを覚えてください。スズメバチの巣を刺激した場合どうなるのかを、きちんと考えて、どう対処すればいいのかを認識していないと、最悪の場合「アナフィラキシーショック」になってしまいます。覚悟と度胸が必要です。  業者の人も行っている方法ですが、まずは、近くの木に遠くから石を投げてみてスズメバチの巣からハチが出てくるかを遠くから確認しますが、間違っても近くで刺激してはいけません。  次に、刺されないように防護服を用意してください。ハチは黒い部分を狙う性質があるので、大きめの雨合羽、長靴、長ズボンなどの色は白くしておくと良いです。  そして、用意ができたら蜂用の殺虫剤と長い棒や丈夫にした虫取り網などで一気に巣を取り除きます。巣の中に女王蜂が入っていればスズメバチの巣の駆除は完了です。いなかった場合はその付近に再び作られる可能性があります。

スズメバチの駆除は必要か

【田舎での被害】 →夏場、あちこちでスズメバチが目立ちます。夏場は特に窓を開けておきたいものですが、窓を開けていたら、スズメバチが頻繁に現れるようになったとしたら、駆除しなければ安心して生活が出来ません。人をも怖がらずに襲いかかってくる存在自体が危険なハチなのです。 【都会型スズメバチの誕生】 →都会なら安全だろうと思っていても、マンション等に現れる都会型スズメバチというのも存在し、毎年襲われている人が増えています。主にマンションなどの壁の裏などに巣を作り壁の隙間から出入りするタイプです。 【業者さんへの委託】 →依頼しても忙しいシーズンだとすぐに来てくれないこともありますが、業者さんは駆除は夜に行うのが良いらしく、殺虫剤などであっという間にスズメバチの巣を取ってくれますので、可能な限り業者さんに委託したほうが良いと思います。 【スズメバチの巣の駆除の必要性】 →1回目であれば刺されたとしても腫れ上がったりする程度で済むと思います、しかし一生で2回、3回と刺されてしまった場合アレルギー反応が大きくなり、呼吸困難や吐き気などの症状に襲われます。ハチに刺された場合はすぐに救急車を呼び病院へ行きましょう。